貧血に効く食品は?原因や対処方法などを解説!

目次

皆さんは貧血で倒れたことはあるでしょうか。よく朝礼で立ちくらみをして倒れてしまう人がいます。これも貧血の一種です。

実際に貧血で悩んでいる人も決して少なくないと思います。なんとか改善できたら良いですよね。

今回は、貧血に効果がある食品は何かについてや、貧血が起こる原因・対処法についてみていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

貧血とは

 

貧血というのは、血液中の赤血球の数やヘモグロビンというタンパク質の量が不足することによって、血液が十分な酸素量を届けられなくなった状態のことです。

なので、貧血は病気のことではありません。

貧血は男性よりも女性に多い傾向にあり、年齢と共に貧血になりやすくなります。

貧血の原因・症状

それでは貧血が起こる原因と貧血の症状についてみていきましょう。

貧血の原因

貧血の原因は主に4つあります。

それが下記の通りです。

  • 過剰な出血
  • 赤血球の不足
  • 血を作る機能の低下
  • 赤血球を破壊してしまう病気

過剰出血というのは「月経」「出産」「潰瘍」などが原因となり多くの出血をしてしまう状態になります。

赤血球の不足というのは、赤血球に必要な鉄が不足している状態のことです。若い人の貧血はほとんどがこれが原因とされています。

地を作る機能の低下については、骨髄異形成症候群などの病気が関係しています。

そして、最後の赤血球を破壊してしまう病気に関しては、遺伝性球状赤血球症などの病気が関係しています。また、遺伝性球状赤血球症は日本人に多い病気なので注意が必要です。

貧血の症状

主な貧血の症状をご紹介していきます。

  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 顔面蒼白
  • 頭痛
  • 目まい

こういった症状が一般的に考えられます。

また、症状が悪化してしまうと、手足のしびれや抑うつ症状、記憶障害なども引き起こしてしまう原因となります。

ですので、しっかりと改善をしていく必要があります。

貧血の対処法は?

貧血の対処法で1番手軽なのが「鉄」を摂取することです。鉄が不足してしまうとヘモグロビンを生成することができなくなってしまいます。

ですので、まずはしっかりと赤血球に必要なヘモグロビンを生成するための鉄を十分に摂取しましょう。

貧血に効く食品

 

貧血に効く食品はさまざまあります。

  • レバー
  • ヒレ肉
  • カツオ
  • イワシ
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 枝豆
  • ひじき
  • 豆乳
  • 厚揚げ

主な食品は上記の通りです。これらの食品は多くの鉄を含んでいます。

ですので、いつもの食事にこういった食品を取り入れていくと良いでしょう。

貧血に効果があるおすすめの食品

先ほどご紹介した食品を摂取することで十分に鉄は摂取できますが、当サイトで特におすすめしている食品をご紹介していきます。

それがロイヤルハニーと呼ばれる食品です。

ロイヤルハニーとは、天然成分であるはちみつをメインとして作られている食品のことです。

このロイヤルハニーは貧血に対して非常に効果が期待されています。

なぜかというと、ロイヤルハニーに含まれている天然成分が関係しています。それがメインである「はちみつ」と「高麗人参」という成分です。

高麗人参とは、古来から不老長寿の生薬として知られ万能薬としても認知されている天然成分です。

この成分には、ヘモグロビンを持つ赤血球をつくる細胞分裂を促進する働きがあるため、貧血を予防する効果が期待できるというわけです。

非常に質の高い成分が含まれているので、とてもおすすめです。

まとめ

今回は、貧血に効果がある食品は何かについてや、貧血が起こる原因・対処法についてみていきました。

貧血は軽度なものもあれば重症化する場合もあります。

普段からしっかりと鉄を含む食事を取りながら貧血の予防をしていくことが大事でしょう。

また、ロイヤルハニーという食品が非常に貧血に効果があるので、ぜひ試してみてくださいね!

ロイヤルハニーVIPの購入はこちら

コメントする