はちみつは筋トレにいいって本当?

目次

なぜはちみつを摂取するのがいいといわれているのか

その理由の一つとして、はちみつは吸収速度が早いのです。
はちみつにはブドウ糖と果糖が含まれていますが、一般的な糖類よりも吸収が早いです。
20分程度で吸収されるので、これは無酸素運動であるウエイトトレーニング前のカロリー摂取としてとても有効であり、筋トレ前のカロリー摂取に向いていると言われているのです。
何よりはちみつは手軽に摂取することができるのでおすすめと言われております。

トレーニング後にプロテイン

トレーニング後にプロテイン(たんぱく質)を積極的に摂取するのは常識となっています。
近年は、プロテインだけでなく、糖質も摂取することが推奨されています。
その理由は、「傷ついた筋肉を補修するため」です。
実はトレーニングは筋肉を強くする行為ではなく、筋肉を痛めつける行為。
傷んだ筋肉は、そのままでは弱くなってしまうため、補修が必要です。
補修の為に必要とされるのがたんぱく質なのです。
傷ついた箇所を補修して、トレーニング前よりも強い筋肉にしてくれます。
つまり、たんぱく質の補給は、筋肉そのものの増強につながります。
では、糖質の補給にはどんな意味があるのでしょうか。

 

糖質の補給にはどんな意味がある?

運動時のエネルギーとして、体内に蓄えられるのは3種類。
糖質・脂質・たんぱく質です。
そのうち、最も早いタイミングでエネルギーとなるのが糖質。
運動後すぐに燃焼し始め、私たちの身体を動かす燃料となってくれます。
トレーニング後に糖質補給する意味は、次回のトレーニング時のエネルギーになってくれるということなのです。

はちみつには

はちみつには、豊富な栄養素が含まれているということをご存知でしょうか?

主なはちみつの栄養素は下記の通りです。

・ビタミンB1・B2・B6
・葉酸
・ニコチン酸
・パントテン酸
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビオチン
・カリウム
・ナトリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・亜鉛
・鉄
・銅
・マンガン
・アミノ酸(非必須アミノ酸)
上記の栄養素をはじめ、80種類の酵素などがあり、150種類以上の栄養素が含まれています。
なので、はちみつは人間の身体において、必要な栄養素を補うという意味でも非常に重要な成分となります。

まとめ

はちみつははちみつはもともと砂糖の70~80%のカロリーである上、甘さが砂糖の1.5倍ほどあるため、同じ甘さを出すのに砂糖より分量を抑えることができます。
ただ、糖分であることに変わりはないので、とりすぎれば意味がありません。
プロテインに混ぜたり、飲み物に入れたり、自分に合ったやり方で取り入れてくといいでしょう。

ロイヤルハニーVIP

 

 

 

 

コメントする